須賀川 松明あかし

11月中旬、福島県の須賀川市、日本三大火祭りのひとつと言われる「松明(たいまつ)あかし」へ。その歴史は古く、戦国時代の戦いで戦死した人々の霊を弔うために行ってきた伝統行事とのことだ。 長さ10m、3tもの大松明をはじめ二十数本の松明が夜空を焦がす様には圧倒された。


1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

画像をクリックすると大きく表示されます。